メインコンテンツにスキップ

ゲームからもっと引き出そう

SteelSeries GGは、ギア、仲間、そしてゲームとのより強い絆を作るのに役立ちます。

Windows 8.1以降
SteelSeries GGベータ版。League of Legends、Counter Strike Global Offensive、Tidal、PRISMSYNC、DOTA 2、MINECRAFT、MORTAL KOMBAT 11、 AUDIO VISUALIZER, Discord
RGBイルミネーション、キーボードマクロ、マウス感度などの設定を編集するためのEngineギアライブラリ

Engine

Engineは、RGBイルミネーションやマクロ、バインドなどを始めとするゲーム用PC設定すべてのための負担の少ないアプリケーションです。

マイギア

SteelSeries Engine対応機器を接続して、カスタム化を始めます。

Illumination

対応するSteelSeriesデバイス間のダイナミックな照明効果を設定します。

Engineアプリ

ゲーム固有アプリで構成設定をトリガーするか、その他のユーティリティアプリを有効にします。

SteelSeries Momentsのクリップギャラリーのユーザーインターフェイス

Moments

Momentsは、お気に入りのゲームの瞬間をキャプチャーし、どこでも共有するための最も簡単な方法です。

キャプチャー

ある瞬間が発生したら、カスタムホットキーを使用してシームレスにキャプチャーします。

クリップ

直感的なギャラリーからの瞬間をプラットフォーム内で編集またはトリミングします。

共有

任意の場所へのリンクを生成するか、選ばれたプラットフォームに直接アップロードします。

FAQ

はい。EngineをGGに更新すると、まるで新バージョンのEngineに更新したかのように、デバイスの構成と設定すべてがGGに移植されます。どのような設定でも、今後のバージョンのGGに反映されます。

GGでCloudSyncをセットアップする手順については、次を参照してください:
https://support.steelseries.com/hc/en-us/articles/360060420911

当社のベータ版ソフトウェアテスターにオプトインすると、初期バージョンの新機能とアップデートに自動的に更新されます。また、当社から不規則なアンケートをお願いして、ユーザーの体験をお尋ねすることもあります。これは当社がユーザーと協力して、できるだけ最高の体験を作り出すために役立てられます。

新バージョンで問題が生じたり古いバージョンの方をご希望であれば、更新後もいつでも戻すことができます。

GGの「Settings(設定)」 ->「General(全般)」で、初期リリースのオプトインを無効にするだけです。

だれもが楽しめるすばらしい製品を制作する上で非常に役立つので、どのようなフィードバックまたはコメントでも大歓迎です。

1. 右上にあるハイパーリンクからGGにログインします。

2。ログインしたら、「Settings(設定)」 -> 「Engine section(Engineセクション)」 -> 「Cloud Sync(クラウド同期)」に移動し、「Sync Now(今すぐ同期)」を選択して構成をバックアップするか、構成のバックアップを引き出します。

注意事項: 自動同期はサポートされなくなりました。構成をクラウドに確実にバックアップするには、ここに示した手順で手作業で同期する必要があります。

Momentsなどのアプリを使用したくない場合、設定で無効にすることができます。無効にすると、パフォーマンスに影響を及ぼすことはなくなり、バックグラウンドで実行されることもなくなります。

同じことは、SteelSeries Engineにも当てはまります。SteelSeries製デバイスを接続していない場合、GG内のEngineアプリケーションがバックグラウンドで実行されることはありません。

Momentsを無効にするには、次のうちどちらを実行します。
1. Momentsのギャラリーの上にあるドロップダウンメニューをクリックし、「Gameplay capture(ゲームプレイのキャプチャー)」を無効にします。
2。「Settings(設定)」 -> 「Capture and Sound(キャプチャーとサウンド)」 -> 「Allow Moments to capture while gaming(ゲーム中にMomentsでキャプチャーできるようにする)」を無効にします。

このソフトウェアでは、LGPLv2.1の下でライセンスされたFFmpegのコード(FFmpegにアクセスしてください!)を使用しており、そのソースはsteelseries.comでダウンロードできます