メインコンテンツにスキップ

Apex Pro TKL メカニカルキーボードの次の飛躍

  • 初めての調節可能なメカニカルスイッチで、キーごとの感度のカスタマイズを実現
  • レスポンスを8倍高速化、作動を5倍高速化、耐久性を2倍向上
  • 有機ELスマートディスプレイでゲームやアプリからの情報を直接提供
  • シリーズ5000の航空機級のアルミニウムフレーム
  • 取り外し可能なソフトタッチのマグネット式リストレスト
  • 初めての調節可能なメカニカルスイッチで、キーごとの感度のカスタマイズを実現
  • レスポンスを8倍高速化、作動を5倍高速化、耐久性を2倍向上
  • 有機ELスマートディスプレイでゲームやアプリからの情報を直接提供
  • シリーズ5000の航空機級のアルミニウムフレーム
  • 取り外し可能なソフトタッチのマグネット式リストレスト
  • 初めての調節可能なメカニカルスイッチで、キーごとの感度のカスタマイズを実現
  • レスポンスを8倍高速化、作動を5倍高速化、耐久性を2倍向上
  • 有機ELスマートディスプレイでゲームやアプリからの情報を直接提供
  • シリーズ5000の航空機級のアルミニウムフレーム
  • 取り外し可能なソフトタッチのマグネット式リストレスト
  • 初めての調節可能なメカニカルスイッチで、キーごとの感度のカスタマイズを実現
  • レスポンスを8倍高速化、作動を5倍高速化、耐久性を2倍向上
  • 有機ELスマートディスプレイでゲームやアプリからの情報を直接提供
  • シリーズ5000の航空機級のアルミニウムフレーム
  • 取り外し可能なソフトタッチのマグネット式リストレスト
  • 初めての調節可能なメカニカルスイッチで、キーごとの感度のカスタマイズを実現
  • レスポンスを8倍高速化、作動を5倍高速化、耐久性を2倍向上
  • 有機ELスマートディスプレイでゲームやアプリからの情報を直接提供
  • シリーズ5000の航空機級のアルミニウムフレーム
  • 取り外し可能なソフトタッチのマグネット式リストレスト
  • 初めての調節可能なメカニカルスイッチで、キーごとの感度のカスタマイズを実現
  • レスポンスを8倍高速化、作動を5倍高速化、耐久性を2倍向上
  • 有機ELスマートディスプレイでゲームやアプリからの情報を直接提供
  • シリーズ5000の航空機級のアルミニウムフレーム
  • 取り外し可能なソフトタッチのマグネット式リストレスト
言語:
$179.99

$179.99

$179.99

$179.99

$179.99

$179.99

レスポンスを8倍高速化

作動を5倍高速化

耐久性を2倍向上

従来のメカニカルキーボードと比較

違いの比較

レスポンスタイム*
作動点*
耐久性
OmniPointスイッチ

レスポンスタイム:0.7ms

0.7ms

作動点:0.4mm

0.4mm

1億回のキープレス

耐久性:1億回のキープレス

Cherry MXスピードスイッチ

レスポンスタイム:5.0ms

5.0ms

作動点:1.2mm

1.2mm

5,000万回のキープレス

耐久性:5,000万回のキープレス

標準的なメカニカル

レスポンスタイム:6.0ms

6.0ms

作動点:2.0mm

2.0mm

5,000万回のキープレス

耐久性:5,000万回のキープレス

記録的な速さ

WASDキーとゲーム内のアビリティーキーに感知作動を採用することで、ゲームに不可欠なコンマ何秒の絶対最速を実現します。または、精度を上げてスピードを若干調整します。

よく考えられた設計

よく考えられた作動設計により、極限精度でタイピングやゲーミングを行えます。このレベルのキーセットであれば、自信を持ってキーを押せば認識されるため、タイプミスを減らして安心できます。

カスタムマクロの保存

作動距離の調整

プリズム効果のコントロール

以下のようなゲームやアプリケーションにも対応しています。

現在のKDA、所持金などを見る

現在のスピーカー、メッセージなどを見る

航空機級のアルミニウム合金

シリーズ5000メタルフレームは壊れない耐久性と頑丈性を備えた製造がなされているため、ハイエンドなセットアップにぴったりです。

プレミアムマグネット式リストレスト

完璧なキーボードアクセサリー(簡単なマグネット式で簡単かつしっかりと装着が可能、完全なパームサポート、耐久性に優れたソフトタッチ仕上げ)で、心行くまで心地よくタイピングやゲーミングを行えます。

専用マルチメディアコントロール

クリック可能なメタルローラーやメディアキーを使用すると、オンザフライで音量や設定を調整できます。ボタンにタッチするだけで、明るさを変更したり、巻き戻し、スキップ、一時停止などを行ったりすることができます。

USBパススルーポート

USBデバイスを接続するために、PCの後ろに入り込む必要はもうありません。代わりに、フラッシュドライブ、ワイヤレスマウス/ヘッドセットトランスミッター、携帯電話、またはその他のUSBデバイスをキーボードに直接挿入します。

3方向のケーブル配線処理

ケーブルが伸びたり、引っ張られたり、ゲームプレイの進行を邪魔したりするのを防ぎます。フレームには3つのチャンネルがあり、ケーブルを出す場所を選べるため、机の上の整頓を保つことができます。

製品仕様

スイッチ

タイプと名前

調節可能なOmniPointメカニカルスイッチ(アナログホール効果磁気センサー)

スイッチの位置

OmniPointスイッチは黒色で塗られています

作動点

0.4mm~3.6mm (詳細情報)

作動力

45cN

レスポンスタイム

0.7ms (詳細情報)

耐久性

1億回のキープレス

Design

表面素材

航空機級のアルミニウム合金フレーム

Nキーロールオーバー

104キー(すべて)

アンチゴースト

100%

Illumination

キーボード全体のパターン、反応型タイピング効果など、個々にコントロール可能なキー個別RGB

重量

1.7 lbs

高さ

40.44mm

139.26mm

奥行

355.44mm

互換性

OS

WindowsおよびMac OS X. USBポート要

ソフトウェア

SteelSeries Engine 3.15+(近日登場)、Windows(7以降)およびMac OSX(10.11以降)の場合

パッケージ内容

Apex Pro TKLゲーミングキーボード

マグネット式リストレスト

製品情報ガイド

FAQ

Apex ProとApex 7の違いは何ですか?

Apex ProとApex7の特長はすべて同じですが、スイッチのタイプだけが違います。Apex 7は赤色、青色、または茶色のメカニカルゲーミングスイッチが特長なのに対して、Apex Proは調節可能なOmniPointメカニカルスイッチが特長です。

Apex Proにはどのようなメカニカルスイッチの特長がありますか?

Apex ProはSteelSeriesが特許を取得した調節可能なOmniPointメカニカルスイッチが特長で、感度(つまり、キープレスとして登録する前にキーが動く必要のある距離)を調整することができます。スイッチの詳細は、こちらからお読みいただけます。

照明の設定は簡単ですか?

SteelSeries Engineソフトウェアは、非常に使いやすいことで広く知られています。Apex Proの導入により、当社ではSteelSeries Engineを少数の新しいEngineアプリと共に、次のレベルへと引き上げています。ImageSyncは、最も複雑な照明効果を瞬時に生み出す、これまでに類のないプログラム可能なツールです。

他にご質問がおありですか?